禁パチしようぜ!

ギャンブル以外にできること

2017年 赤城雷神杯 優勝戦

   

インは準優今垣のヘマで転がり込んだ市橋。
ちなみに、今垣は今日はピンピン。
2走目は3カドで熱いレースを魅せてくれました。

さて、俺垂涎の234大阪勢という出走表。もはや他は見えてなかったです。

6コースは、、、ちょっと空では思い出せない。。。(横澤でした)

2郡、3丸岡、4松井です。

まずスタートは丸岡が覗き、先手を伺うも山崎郡が差し構えず。
丸岡はえ?え?状態で、差しハンドルを切るも同タイミングで郡も差し構え、
キャビッてジエンド。郡の遅れ差しはクセ(ワザ?)なのかも。
準優で松井を差した時もそうでした。
インの市橋は郡が落とさないものだから抵抗し当然流れます。
郡はキャビった丸岡にもたれ、流れないという強運発揮。

一応、市橋はサキマイしましたが、大きく流れたところをゆっくり郡が差します。
キャビった丸岡の内を松井が差し、外を秋山が捲くり差し!
ゲキアツ!
外枠は高速差しなので、郡をあっという間に置き去りにします。

ほぼ同体ながら、内をとった松井が2マークで王者のターン。
秋山を吹き飛ばします。2着争いは飛ばされた秋山、逃げ損ねた市橋、差した郡の3艇に。
2週1マークでは秋山の全速ターンで終止符。3着争いは、ここも市橋がサキマイするも、
郡の小回りがうまく郡に軍配。数字以上に2コース巧い印象でした。
B級から見てるけど、4カドダッシュ屋っぽかったのに本当に成長しました。

松井の超久しぶりのG1奪取で大満足。
いいレースでした。

 - ボートレース