禁パチしようぜ!

ギャンブル以外にできること

自力で競馬をやめる方法

   

よく検索されているので参考まで。

1.ネット投票をしている場合
 PATなら、口座閉鎖、カード処分、解約などで
 物理的に不可能な状態にします。
 ただし、これは根本的な解決ではないことはお知りおきを。

2.競馬界が好きな場合
 少なくとも、今の競馬界は世界に誇れるものではありません。
 なので興ざめすることである程度は離れることができました。
 社台運動会、吉田集会であることに気付いてくれば自ずと
 興ざめできると思います。
 ディープ産駒ばかりの現実も正直面白くないですし。

3.単に興奮を求めてWINS,競馬場へ行っている場合
 一番やっかいなやつです。やめる理由が無いから。
 カード破棄のように強制する方法も無いから。
 借金があるから、という付随的な理由ではまずやめられません。
 「借金がある=競馬をやめる」
 という等式は成り立ちませんからね。

 かつてこの立場にあった私自信の経験を紹介します。
 ひたすらPATで投票し、レースも見ずに結果だけ待つという状況が続きました。
 すると、賭ける意味がわからなくなってきました。
 ですので、荒療治ですが、どこか出かける前にPATで全レース購入したり
 本場、場外で馬券を購入してレースを見ずに明くる日、
 払い戻し機に投票券投入、という「作業」を繰り返します。
 続けていると、多分どこかで意味の無さに我にかえることがあるでしょう。

私は、2.で2年近くやっていません。(一昨年のJCが最後)
競艇をやらないようにするため、1.も実践しました。
今は情報は入れるものの、賭けたいと思うことは全くありません。
賭ける価値がありません。

1.の解法は最強です。
精神論ではなく物理的に不可能な状況になりますから。
馬はそうなる前にやめましたが、競艇は依存度が高いうちに
これを実施して、半年近くやっていませんし、実証済みです。

3.はいわゆるギャンブル依存症です。
十人十色の解法があります。
自分に合った、を見つけるために色々実践してください。

 - ギャンブルを止めるために実践したこと