禁パチしようぜ!

ギャンブル以外にできること

「2億円以上かけて寄付は2千万円」

   

子どもの貧困対策のために寄付を募る「子供の未来応援基金」をめぐり、民主党の蓮舫代表代行は2日の参院予算委員会で、費用対効果の悪さを指摘した。2億円以上の税金を使って呼びかけているのに、集まった寄付は約2千万円。蓮舫氏は「2億円を基金に入れれば良かった」と訴えた。

引用:「2億円以上かけて寄付は2千万円」蓮舫氏が批判「朝日新聞デジタル」

蓮舫氏の発言は結果論ですよね。

3億集まったかもしれないし。

問題は目標額が無い(あったのかもしれない)ことですね。

例えば、2億の基金投入で満足するのなら
蓮舫氏の発言は至極真っ当。

ショートしているなら、
論点はそこではなく、寄付を募る
方法の悪さでしょうね。

まぁ記事からは蓮舫氏が批判した、
という事実しかわからないので深堀りはしませんが。

しかし、このトピックをみて
ギャンブル依存症の私に言われてる気がしました。

1,500万近く投資していくら返ってきただろうか。

しかしそれは「勝てなかった」という結果論です。

1,501万になったかもしれないし、1億になったかもしれない。
ただ、なにもしなければ1,500万はそこに存在しました

費用対効果の悪さはギャンブルも負けていません。

最初は時間を潰せて
「お金が増えることもある遊び」
としてギャンブルを始めたのではないでしょうか。

何をするにも金はかかる。
ならば、増える可能性のある
ギャンブルがいいだろう、と。

蓋を開けてみればどうでしょう。

トータル勝ってます?

他の趣味にその額投資できていたら?

金の異常にかかる趣味は除外してくださね。

収支プラスの月があったとしましょう。
年単位でもいいです。

トータル負けているのに、
その期間をピンポイントで見て嬉しいですか?

今後、生涯ギャンブル収支が
プラスに転じることは無いでしょう。

2億円を基金に入れれば良かった

うん。私も1,500万を自己啓発に使えばよかった。

今なら言える。浪費に終わった今なら。

マセラティ買えた。

 

 

 - その他時事